およげ!黒うにくん

教養のないウニがインターネットの海で冒険するぞえ!

アダルトチルドレンの症状をどうにかしたい話〜本を読む編9〜

qlouni3.hatenablog.com

 

これの続き

 

大人の人間関係

・誰を人生に招き入れ、どのように付き合うのかの選択肢が自分にある

・人間関係にはさまざまなレベルと目的がある事を理解せよ

 

日常レベル

・礼儀を弁え、顔を合わせれば挨拶する程度の関係

・具体的なサービスを受ける、提供する相手

 

共同レベル

・職場、社会的活動の仲間

・共通の目的にたずさわる関係

・人<何をするか

 

友情レベル

・支え合い、お互いに楽しむ関係

・人>何をするか

 

恋愛レベル

・快感への欲求、情熱を共有

・友情を含む

 

長期的な絆レベル

・長期的な絆を保つことに合意した関係

・どんな問題が起きても、共同で解決する約束をしている関係

 

 

職場の人が退職した場合、わりと共同の関係が友人レベルになることもある。

また、アットホームな社風だと、共同と友人が曖昧になることもあると思う。

 

 

健康な人間関係の構築

 

健康な人間関係が築けているか、チェックせよ

 

尊重

 ・互いに尊重できているか

誠実

 ・自分や自分の意見を拒絶を恐れず表現できるか

 ・相手を攻撃せずに感情を伝えることができるか

現実的な期待

 ・相手に自分のニーズに応える責任がないと理解できているか

信頼

 ・有言実行できているか、言葉をあてにできるか

自主性

 ・互いの自主性を分かち合えるか

力の分かち合い

 ・相手をコントロールしようとしていないか

やさしさ

 ・やさしさを表現できているか

時間

 ・必要な分の時間を共有できているか

きずな

 ・自分から働きかけているか

 ・問題が起きたときに、関係を終わらせず、解決しようという意思が共有できているか

(自分が傷つけられても、文句を言わないとかいう言質を取られている訳ではない)

(傷つけられている場合、特定の関係を終わらせても、他の友人を作れば良い)

許し

・相手に過失がある場合、した事を忘れないが問題を「手放す」=許し

 

10段階評価で、各人間関係をチェックする

 

【母親】

尊重:1

誠実:1

現実的な期待:1

信頼:1

自主性:1

力の分かち合い:1

やさしさ:1

時間:9

きずな:1

許し:1

もう、十分に共同生活をしてきた上で、関係を深める意欲が皆無。

 

【父親】

尊重:2

誠実:1

現実的な期待:1

信頼:1

自主性:1

力の分かち合い:1

やさしさ:1

時間:2

きずな:1

許し:2

あまり関わりがなかった。

わずかな時間での行動から考えて、私を蔑ろにしていると思った。

しかし、母親に父親が悪い存在と教えられていたせいもあると思う。

バイアスがかかっていたかもしれない。

 

【パートナー】

尊重:5

誠実:8

現実的な期待:5

信頼:8

自主性:8

力の分かち合い:7

やさしさ:5

時間:8

きずな:7

許し:6

優しくできていないと思う。

相手に現実的ではない期待をお互いにしている。(昔よりはマシだけど)

甘えてしまっている。

 

 

【ある上司】

尊重:8

誠実:8

現実的な期待:6

信頼:6

自主性:8

力の分かち合い:8

やさしさ:5

時間:5

きずな:3

許し:5

上司という立場だけど、部下のことを尊重してきてくれた

お互い仕事をする上では厳しいので、やさしさに欠けるかも

 

【ある同僚】

尊重:8

誠実:8

現実的な期待:8

信頼:4

自主性:2

力の分かち合い:8

やさしさ:8

時間:3

きずな:2

許し:8

とても良好な関係だけど、自分が相手にあまり期待していないとも言える。

相手がどうかは分からない。

 

【ある旧友】

尊重:8

誠実:5

現実的な期待:5

信頼:4

自主性:5

力の分かち合い:8

やさしさ:8

時間:3

きずな:8

許し:8

学生時代の同級生。仲はいいのだけど、共通の趣味を持とうとして、

お互い疲弊しているかも。

 

 

親密さとは?

以下の事を書き出せとのこと・・・

 

自分にとって、親密な関係とはどんな状態か

強制されなくても、コミュニケーションが発生する状態

 

子供の頃、どんな親密さの表現を目にしたか

相手に文句が言え、それが伝わる状態

 

・母親が父親にずっと文句を言っていた

・父親は言い返さなかったが、ほとんど聞いていなかった

これらの事から、意見を言って、それが伝わることが親密さだと推察していた。

実際は起こった試しがないけど。

 

今への影響

パートナーに小言を言ってしまうのは、この影響かも。

上司のミスを指摘してしまうのも、何年も一緒に仕事をしてきたから

甘えが出てきて、そうしてしまうのかも。

 

 

ここで本書は終わった。

次回は、自分の感想や課題を整理する。

www.amazon.co.jp