およげ!黒うにくん

教養のないウニがインターネットの海で冒険するぞえ!

プロジェクトの進行でミスらないコツ備忘

仕事でプロジェクトを立ち上げたいという話が出た時に、うまく実行に移せなかった。

試行錯誤しているうちに、下記のことが出来ていなかったことに気づいたので、備忘録としてかいておく。

 

①要求を定義する

まず、一番よくあるのが、1つのことを実行しようとするときに、あれもこれもやろう、という話になり、内容が膨らんでしまうケース。
内容が膨らむと社内調整が大変になり、やりきれなくなる。
そうしている内に熱が覚める。

対策としては、このプロジェクトで取り組む範囲をまず定めること。


例:

1.このプロジェクトで絶対達成すべきこと

2.求められていること

3.できればやりたいこと

など、レベルで分け、プロジェクトメンバーと、

今回どのレベルまでやるのかを擦り合わせる など。

 

 

②期限を決める

①で話が膨らんだ時に陥るのが、時間がなくなるケース。

そのプロジェクトだけを行っているわけでは無いので、忙しくなってきて、優先度が下がり、進行が頓挫してしまう。

対策としては、①を達成するためにどのくらいの期間が必要なのか、初めに概算を出し、スケジュールに組み込む事。

例:

WBSを作る

・「(仮)」でカレンダーに入れる

 

③情報を可視化する

プロジェクトがうまく進まない要因の中に、情報が可視化されていないケースがある。プロジェクトメンバー同士では共有されていることも、それ以外の協力者には伝わり切らずに、批判的意見に圧されて、合意形成ができない。

対策としては、情報を目に見える形にすること。


例:

・WF・設計図を作る

・課題管理表を作り漏れが無い様にする

・ドキュメントを、把握すべきメンバーが閲覧できる状態にし、適切に案内する

 

おしまい