およげ!黒うにくん

教養のないウニがインターネットの海で冒険するぞえ!

お金に関する知識を身に付ける情報源を選ぶ観点を整理する

以前、20代でやっておいた方が良いらしい事を調べたのだが、

今回は、「お金に関する知識を身に付ける情報源を選ぶ観点を整理する」

 

 

情報源を選ぶ観点を整理する意味

お金の勉強について検索すると「セミナー」「本」の広告記事ばかりが出てくる。

少し広告をお挟む位なら良いのだけど、メインテーマになっている記事は信用できない。

しかし、ネットでおすすめ本を検索しても、アフィリエイト記事っぽい感じ。

ということで、今回は、まず情報源を選ぶ観点を整理してみる。

 

 

とりあえず根拠がしっかりしてそうな記事を見てみる

1つ目の記事

【信頼できる点】

・なぜ「おすすめ」として挙げたのか、理由を示してくれている

・良い点だけでなく、悪い点も挙げている

【信頼できない点】

・「評判を紹介」という枠で締められているのだが、引用元が不明

 

money-career.com

 

2つ目の記事

【信頼できる点】

・なぜ「おすすめ」として挙げたのか、理由を示してくれている

・良い点だけでなく、悪い点も挙げている

・あくまで個人の感想をもとに紹介している。

 

kdsn.xyz

 

 

信頼できる情報とは何か

警視庁サイトで挙げられている「疑わしい情報」の特徴

・強調表現、不安をあおる表現や急がせる表現が多い

・生命や金銭に関わる内容

・情報源が記載されていない

・伝聞形式で書かれている

・拡散を勧めている

www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp

 

信憑性の調査方法

・二次情報の場合、一次情報を探して読む

・情報発信者のその分野における実績や、過去の発信情報を調べる。

・論文を信じすぎない。せめて査読ありの論文を読む。

・それでも分からない場合、無理に結論を出さない。

 

だいぶ古そうな記事だが「まあ、そうだよな」という内容が一番纏まっていた記事。

laboradian.com

 

 

まとめ

信用できる情報

個人的には、下記の基準で情報を選んでいこうと思う。

 

・根拠を示してくれている

・良い点だけでなく、悪い点も挙げている

・情報源が明記されている(論文も信じすぎない)

・強調表現、不安をあおる表現や急がせる表現がない

・過度に拡散を勧めていない

・情報発信者のその分野における実績や、過去の発信情報がまとも

 

→分からない場合、無理に結論を出さない。

 

実践

実際の行動にどのように落とし込むか

・根拠・出典を確認する

・本を買う時は著者の評判を調べる

・煽り表現がある、良いことしか書いていない情報には注意する

 

おしまい。